最新の治療方法を紹介|免疫療法は副作用を感じない

ガン細胞を減らす治療

	女性

自然免疫と獲得免疫

人間の体は、自然免疫と獲得免疫という2種類の免疫機能によって守られています。自然免疫とは主に、常に働いているNK細胞を指します。これにより、口などから入ってきたウイルスや、体内で誕生したガン細胞は、すぐに撃退されるのです。一方獲得免疫とは、体がウイルスやガン細胞におかされ始めた時に、それを防ぐために発動する免疫機能です。これにより、普段は働いていないT細胞が、それらの撃退を開始することになります。免疫療法とは、これらの2種類の免疫機能を高めることで、ガン細胞を多く排除するという治療です。具体的には、免疫療法ではNK細胞とT細胞のそれぞれが培養で増やされます。すると体内のガン細胞はどんどん減っていき、それにより体は回復しやすくなるのです。

他の治療との組み合わせ

ガンの治療は、免疫療法以外にも様々な方法でおこなわれています。そして免疫療法は、それらと組み合わせておこなうことが肝心とされています。というのもNK細胞もT細胞も、全身にまんべんなく存在している免疫細胞なのです。そのためたとえば胃に大きな腫瘍ができている場合でも、胃でのみ集中的に働くわけではありません。つまり免疫療法をおこなっても、胃の腫瘍を急激に小さくすることはできないので、この場合は手術でまずは腫瘍を除去することが必要となります。しかしガン細胞は、血液やリンパによって全身に流れていく可能性があるのですが、手術ではそれを除去することができません。ところが全身で効果を発揮する免疫療法でなら、それを食い止めることができるのです。このように他の治療と組み合わせることで、ガンを一層効率良く治すことが可能となります。